• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<10>最悪な国になってしまった

 アメリカ軍を助けるために自衛隊が海外に出かけて武力で交戦する。こんな分かりきった憲法違反はない。言語道断の戦争法をアベベのベぇ政府は暴力的に採決してしまった。公聴会など何の役にも立たないまま、誰の話も聞かないままだ。

 無力感に襲われてやりきれない…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事