NHKで歌の先生役 五木ひろしが目指す“歌謡界の底上げ”

公開日:  更新日:

「こんな番組がやりたかった」――五木ひろし(67)がこう語ったというが、まさにホンネだろう。NHKで10月12日に放送される音楽バラエティー「五木先生の『歌う!SHOW学校』」の収録を終えての一言だ。同番組は五木が先生役を務め、ポップス、演歌、俳優、お笑い界からゲストとして生徒を集結し、1時間目を「古典」、2時間目を「現代音楽」として日本の音楽を学んでいくもの。

 本紙は昨年「ドキュメント五木ひろし」を長期連載したが、そのインタビューでも再三、「日本の歌の良さを後世に伝えるような仕事をしたい」と口にしていた。

「なにより、日本の歌については誰よりも詳しいという自負があるのです。歌謡曲第1号といわれる『カチューシャの唄』から始まってSMAPやEXILEなど譜面なしで歌える歌は3000曲に上るという。実際、舞台では『日本歌謡史100年』とか『五木学校』などをショーのコーナーとして設けていました」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る