日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHKで歌の先生役 五木ひろしが目指す“歌謡界の底上げ”

「こんな番組がやりたかった」――五木ひろし(67)がこう語ったというが、まさにホンネだろう。NHKで10月12日に放送される音楽バラエティー「五木先生の『歌う!SHOW学校』」の収録を終えての一言だ。同番組は五木が先生役を務め、ポップス、演歌、俳優、お笑い界からゲストとして生徒を集結し、1時間目を「古典」、2時間目を「現代音楽」として日本の音楽を学んでいくもの。

 本紙は昨年「ドキュメント五木ひろし」を長期連載したが、そのインタビューでも再三、「日本の歌の良さを後世に伝えるような仕事をしたい」と口にしていた。

「なにより、日本の歌については誰よりも詳しいという自負があるのです。歌謡曲第1号といわれる『カチューシャの唄』から始まってSMAPやEXILEなど譜面なしで歌える歌は3000曲に上るという。実際、舞台では『日本歌謡史100年』とか『五木学校』などをショーのコーナーとして設けていました」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事