日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<3>国民が納得する“積極的トッピング法案”が一つだけある

 今日も、「怒」髪天を衝いた話をするしかないかと決めていたら、さすがの安倍首相もこのままじゃ、岸爺さんの60年安保の時みたいに国会議事堂をデモ隊に取り囲まれて解散に追い込まれると焦ったのか。「多くの国民やアスリートの意見には耳を傾けなければなりません」などと妙にしおらしくなり、「…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事