女優・山本美月は“主役じゃない路線”で新CM女王狙い

公開日: 更新日:

「ザ・主役の清純派女優は役のイメージがつきやすい一方、2番手はいろんな役を求められるので、最終的には生き残りやすい。『あまちゃん』でも有村架純や橋本愛がブレークしたように、脇役の方が“主役じゃないアノ子は誰?”と注目されやすい場合もある。2番手や脇役はドラマで視聴率が悪くても“責任”を取らされないので悪いイメージもつかない。のびのびと自由に演技ができるので、実力もついて、ドラマやCMのオファーも増えるのではないでしょうか」

■オタク人気も後押し

 さらに、ただのモデル出身女優でないポイントが。「アニメオタク」を自称しているのだ。「魔法少女まどか☆マギカ」や「魔法の天使 クリィミーマミ」のコスプレを公表し、理想の男性のタイプを「『鋼の錬金術師』の主人公」と即答。「浮気相手は『銀魂』の沖田総悟」とまで言う。

「アニメオタクを公表すると同じオタクから反発される一方、仲間として認識して応援してくれるようになります。『AKB48』でよく分かるように、オタクがファンになると、ちょっとやそっとじゃあ離れない。“オレたちが支える”という思いと最後まで信じる力は計り知れない。オタクたちを味方にすれば、今後も安泰かもしれません」(前出の川内氏)

「3兆円市場」ともいわれているオタクの世界。オタクの力が山本のブレークを加速させる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る