千葉真一 54歳下女子大生と交際発覚も“離婚問題”で火の車

公開日:  更新日:

「初日の前に、そんなバカな質問しないでよ」

 報道陣をそう一喝したのは俳優の千葉真一(76)。先日、一部で54歳年下の女子大生との不倫が原因で2人目の妻と離婚調停中――そう報じられた直後の22日、都内で行われた出演舞台の会見でのひと幕だった。

「決して怒っているわけじゃなかったが、有無を言わせぬ“目力”と迫力があった。とにかく、離婚問題について大ごとにされたくないようだ」(芸能ライター)

 離婚が成立すれば、千葉の不貞が大きな原因となるだけに、妻は慰謝料を請求できるが「千葉は判をついた離婚届を妻が送ってもことごとく無視。というのも支払える金がないから、とにかく離婚だけは回避したいようだ」(千葉をよく知る映画関係者)。

 かつては日本でアクションスターの第一人者となり、その後、ハリウッドでも活躍。03年公開のクエンティン・タランティーノ監督作品「キル・ビル」への出演で一躍脚光を浴びたものの、その後はかなり金銭面で苦しんだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る