離婚成立で怖いものなし “崖っぷち”脊山麻理子の本領発揮

公開日:  更新日:

 7月中旬に離婚していたことを明らかにしたフリーアナウンサーの脊山麻理子(35)。その直後の6日、DVD「永遠の青春白書・35夏」の発売記念イベントを行った。白いビキニ姿で165センチ、B84・W57・H84のスレンダーボディーを披露。詰めかけた男性ファンを歓喜させた。

 09年に慶大の先輩の商社マンと結婚したものの、3年ほど前から離婚について話し合っていたという脊山。2人の間に子どもはいなかったが、離婚に時間を要したのは脊山のダブル不倫疑惑で相手側から慰謝料を請求され、示談金を払って和解するなど揉めに揉めたためだった――。

 1980年、東京都文京区生まれ。東大名誉教授(退官)の父を持つ才媛。お茶の水女子大学付属幼稚園、小中高校に進む。00年、慶応大学環境情報学部に入学。在学中からタレント活動をスタートし、04年に日テレに入社。入社前からCMやドラマに出演経験もあり、テレビ朝日アスクでアナウンス技術も習得して自信満々だったが現場でプロの厳しさに直面。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る