離婚成立で怖いものなし “崖っぷち”脊山麻理子の本領発揮

公開日:  更新日:

 7月中旬に離婚していたことを明らかにしたフリーアナウンサーの脊山麻理子(35)。その直後の6日、DVD「永遠の青春白書・35夏」の発売記念イベントを行った。白いビキニ姿で165センチ、B84・W57・H84のスレンダーボディーを披露。詰めかけた男性ファンを歓喜させた。

 09年に慶大の先輩の商社マンと結婚したものの、3年ほど前から離婚について話し合っていたという脊山。2人の間に子どもはいなかったが、離婚に時間を要したのは脊山のダブル不倫疑惑で相手側から慰謝料を請求され、示談金を払って和解するなど揉めに揉めたためだった――。

 1980年、東京都文京区生まれ。東大名誉教授(退官)の父を持つ才媛。お茶の水女子大学付属幼稚園、小中高校に進む。00年、慶応大学環境情報学部に入学。在学中からタレント活動をスタートし、04年に日テレに入社。入社前からCMやドラマに出演経験もあり、テレビ朝日アスクでアナウンス技術も習得して自信満々だったが現場でプロの厳しさに直面。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る