十八番ネタが企業に受け「とにかく明るい安村」の明るい未来

公開日:  更新日:

 明るいのは芸名だけではなさそうだ。

 28日、住友生命「Risky Spot」PR発表会に出席した、とにかく明るい安村(33)。お馴染みのビキニパンツ一枚で登場するなり、「なんだか底冷えしますねえ」と言って会場を笑わせると、この日は身近に潜む危険やリスクをヘッドマウントディスプレーを使ってバーチャル体験した。

「(全裸に見えるポーズは)前かがみになってお腹で(パンツを)隠すんですけど、普通に生活をしていたら痩せちゃって、大阪でやったときにパンツが丸見えだったんです。お客さんから『パンツ見えてんで!』って言われてヤバいなと」と、忙しすぎて“商売道具”の脂肪をつける暇もないという、うれしい悲鳴をあげていた安村は、昨年のコンビ解散後、ピン芸人に転向すると、「パンツ一丁で全裸に見えるポーズ」でブレーク。「安心してください、はいてますよ」というキャッチフレーズでイベント、バラエティーに引っ張りだこ。老若男女を問わず好感度も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る