視聴対象を特化 「テレ東音楽祭(2)」に見た歌番組の可能性

公開日: 更新日:

 24日の「テレ東音楽祭(2)」は4時間超の生放送だった。

 昨年は演歌・歌謡曲を第1部、J-POPを第2部と分けていたが、今年は“老人”を切り捨て若者向けにシフト。演歌界で唯一出演した八代亜紀も持ち歌「舟唄」の前に、テレ東アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」をコブシ全開で披露し、若者受け狙い。

 ちなみに、ここで言う若者は10代、20代というよりは40代から50代あたりの正しくは中年世代。荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」、岸谷香「ダイアモンド」、渡辺美里「My Revolution」、小室哲哉が楽曲を提供した鈴木亜美、華原朋美、TRFなどがメーンどころだったことからもわかる。要するにネオ懐メロ路線か。

 もっとも、10代向けにSEKAI NO OWARIやきゃりーぱみゅぱみゅも用意されており、10代の娘と40代の母親が一緒に楽しめる音楽祭という裏コンセプトも見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る