• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“目玉”不在で迷走…NHK紅白に「因縁」「不仲」対決のススメ

 タモリ(70)が総合司会を辞退してから、司会はおろか“目玉歌手”についても迷走を続けている紅白歌合戦。どうせ大物が揃わないなら、松田聖子(53)vs郷ひろみ(60)とか中森明菜(50)vs近藤真彦(51)など“因縁紅白”にしてしまったらどうなのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「聖子とひろみの共演は十分ありえます。みなさんお忘れかもしれませんが、実は1999年にも“対決”していて、翌年にはデュエット曲も出している。声をかければホイホイでしょう。96年以来、紅白からはお呼びがかからないマッチも、今年は芸能生活35周年。紅白出演は十分考えられる話です。ただし明菜はねぇ。去年のようにNYからのサプライズ出演するにしても、NHKがよほど腹をくくらないと難しいと思います」

 他に、野口五郎とピンク・レディー、伊藤咲子と城みちるなんてのも……ちょっと古いか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事