土俵復帰の横綱白鵬 11月場所は“プロレス技”で本領発揮か

公開日:  更新日:

 跳んで、張って、ヒジでKO――。大相撲11月場所はロープのないプロレスショーが見られるかもしれない。

 左ヒザ炎症のため、9月場所を3日目から休場した横綱白鵬(30=写真)。昨20日の香川巡業で約1カ月ぶりとなる土俵復帰を果たした。

 といってもまだ取組を行うほど回復はしておらず、四股を踏んでから、ぶつかり稽古で横綱鶴竜に胸を借りた程度。「まだ(相手を受け止めて)胸を出す脚力はない」と話した。

 慎重になるのも無理はない。横綱昇進以来、休場を要する“重症”は初めてのこと。負傷箇所がヒザとあれば力士生命にも直結しかねない。11月8日に初日を迎える来場所の出場も危ぶまれており、土俵に上がれたとしても万全の状態ではないだろう。

 しかし、その時こそ“暴君”の本領発揮だ。ヒザのケガで横綱相撲が出来ないのならば、「立ち合い変化」でかわしてしまえばいい。「張り差し」で相手の勢いを殺すのもありだろう。それでも向かってくる力士には、もはやかち上げとは呼べない「エルボー」炸裂だ。

 品格を置き去りにした相撲でも、11月場所はヒザのケガという免罪符がある。少なくとも、これまでの白鵬の言動を振り返る限り、横綱らしからぬ相撲をとってもおかしくはない。

 かくして11月場所のゴングが鳴り響く――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る