• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

土俵復帰の横綱白鵬 11月場所は“プロレス技”で本領発揮か

 跳んで、張って、ヒジでKO――。大相撲11月場所はロープのないプロレスショーが見られるかもしれない。

 左ヒザ炎症のため、9月場所を3日目から休場した横綱白鵬(30=写真)。昨20日の香川巡業で約1カ月ぶりとなる土俵復帰を果たした。

 といってもまだ取組を行うほど回復はしておらず、四股を踏んでから、ぶつかり稽古で横綱鶴竜に胸を借りた程度。「まだ(相手を受け止めて)胸を出す脚力はない」と話した。

 慎重になるのも無理はない。横綱昇進以来、休場を要する“重症”は初めてのこと。負傷箇所がヒザとあれば力士生命にも直結しかねない。11月8日に初日を迎える来場所の出場も危ぶまれており、土俵に上がれたとしても万全の状態ではないだろう。

 しかし、その時こそ“暴君”の本領発揮だ。ヒザのケガで横綱相撲が出来ないのならば、「立ち合い変化」でかわしてしまえばいい。「張り差し」で相手の勢いを殺すのもありだろう。それでも向かってくる力士には、もはやかち上げとは呼べない「エルボー」炸裂だ。

 品格を置き去りにした相撲でも、11月場所はヒザのケガという免罪符がある。少なくとも、これまでの白鵬の言動を振り返る限り、横綱らしからぬ相撲をとってもおかしくはない。

 かくして11月場所のゴングが鳴り響く――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る