日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

M─1で異彩「メイプル超合金」安藤なつに“大化け”の予感

 6日前になるが「M-1グランプリ2015」(テレビ朝日系)は、ビデオリサーチ調べで関東17.2%、関西21.4%と高視聴率をマーク。ネット上では「ハイレベル」「どのコンビもおもしろかった」と好評だった。

 今回の11回大会は5年ぶりの復活で、第1回は14年前。その時にテレビで見ていた“M-1世代”の芸人は、笑いの能力が最初から違う。

 ハゲを武器にしたトレンディエンジェルが優勝したことは、薄毛に悩む中高年に勇気を与えたし(忘年会で真似するサラリーマンがいるだろう)、関西のコテコテのりの銀シャリ、新感覚漫才のジャルジャル、実力派のタイムマシーン3号と、上位に入った芸人も注目されそうだ。

 だが、もっとも異彩を放ったのは唯一の男女コンビ「メイプル超合金」。なんと結成から3年で決勝に勝ち上がった。派手なファッションで、ちょっと意味不明なネタをやり、南海キャンディーズとは違った“噛み合わない男女”の漫才で、ネット上では「ヤバイふたり」と話題になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事