M─1で異彩「メイプル超合金」安藤なつに“大化け”の予感

公開日: 更新日:

 男のほうはカズレーザーといい、宇宙海賊コブラみたいに金髪に全身赤ずくめの服で本当にヤバそうだが、注目したいのはメガネにオカッパ頭でメタボな女のほう。

 安藤なつ(34)と聞いて、思い浮かぶ人もいるかもしれない。ピンでちょこちょこバラエティーに出ているが、去年の年末、「プレミアムドラマ ナンシー関のいた17年」(NHK-BSプレミアム)で、人気コラムニストの故・ナンシー関を演じ、主役を張った。

 本人か? と思わせるほどで、「ナンシー関に激似!」と話題になり、当コラムでも取り上げた。その1年後には本業の芸人として「M-1」の決勝まで上り詰めた。「女芸人のマツコ候補」と言う人もいるらしいが、そこまで上り詰めるかは別にして、来年は“ヤバイ男女漫才”と、役者との2つの顔で活躍しそうだ。ナンシー関のような、リアリティーあるはまり役(「会社にも、近所にも、こういうデブ女いるよなぁ」と思わせるような)がきたら、主役格までいくかもしれない。

 マツコより、南キャンのしずちゃんタイプとして笑いとドラマを両立させれば、大化けするかも?(売れても休業しないように)
(作家・松野大介)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔