「スター・ウォーズ」最新作 常識を覆す話題作りと宣伝戦略

公開日:  更新日:

 16年正月興行の大本命「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の画期的な宣伝展開と話題作りに多くの映画関係者が驚いている。話題の多さや大量露出に、だれもが圧倒されているのだ。

 宣伝展開で目立つのは多くの企業と連動して展開しているタイアップのテレビCMスポット。量が半端ではない。メーンのキリンビバレッジ関連では、それぞれバリエーションが違う商品のCMに映画の映像が大量に流れ、見ない日はないくらいだ。

 話題なのは公開初日。12月18日午後6時30分から全国一斉に上映が行われるが、これが画期的なのだ。ちなみに18~20日の上映全7回のみに限り、日付が印字されたメモリアルのパンフレットが購入できる特典もある。

 さらに、前売り券はこの1カ月余り、セブン―イレブンだけで販売されている。通常の映画は当然ながら映画館で前売り券が買えるが、同作品に限ってセブン―イレブンの店舗でしか買えない特殊ケースとなった(11月18日からは他のコンビニでも発売されたが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る