「スター・ウォーズ」最新作 常識を覆す話題作りと宣伝戦略

公開日:  更新日:

 16年正月興行の大本命「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の画期的な宣伝展開と話題作りに多くの映画関係者が驚いている。話題の多さや大量露出に、だれもが圧倒されているのだ。

 宣伝展開で目立つのは多くの企業と連動して展開しているタイアップのテレビCMスポット。量が半端ではない。メーンのキリンビバレッジ関連では、それぞれバリエーションが違う商品のCMに映画の映像が大量に流れ、見ない日はないくらいだ。

 話題なのは公開初日。12月18日午後6時30分から全国一斉に上映が行われるが、これが画期的なのだ。ちなみに18~20日の上映全7回のみに限り、日付が印字されたメモリアルのパンフレットが購入できる特典もある。

 さらに、前売り券はこの1カ月余り、セブン―イレブンだけで販売されている。通常の映画は当然ながら映画館で前売り券が買えるが、同作品に限ってセブン―イレブンの店舗でしか買えない特殊ケースとなった(11月18日からは他のコンビニでも発売されたが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る