• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スター・ウォーズ」最新作 常識を覆す話題作りと宣伝戦略

 16年正月興行の大本命「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の画期的な宣伝展開と話題作りに多くの映画関係者が驚いている。話題の多さや大量露出に、だれもが圧倒されているのだ。

 宣伝展開で目立つのは多くの企業と連動して展開しているタイアップのテレビCMスポット。量が半端ではない。メーンのキリンビバレッジ関連では、それぞれバリエーションが違う商品のCMに映画の映像が大量に流れ、見ない日はないくらいだ。

 話題なのは公開初日。12月18日午後6時30分から全国一斉に上映が行われるが、これが画期的なのだ。ちなみに18~20日の上映全7回のみに限り、日付が印字されたメモリアルのパンフレットが購入できる特典もある。

 さらに、前売り券はこの1カ月余り、セブン―イレブンだけで販売されている。通常の映画は当然ながら映画館で前売り券が買えるが、同作品に限ってセブン―イレブンの店舗でしか買えない特殊ケースとなった(11月18日からは他のコンビニでも発売されたが)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る