日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新日本プロレスと異色タッグ 芸能大手アミューズの狙いは?

 5日の後楽園ホール大会の試合を前に発表された大手芸能事務所「アミューズ」とプロレス団体「新日本プロレス」の業務提携。「新日」は芸能分野へ活動の幅を広げることによる選手の知名度向上、「アミューズ」はスポーツ分野事業の強化を目的とし、今回の“タッグ”が実現した。

 アミューズの相馬常務取締役は「新日本プロレスのレスラーは海外でも通用すると思っています。日本のコンテンツといったら失礼ですけど、新日本プロレスのレスラーはアジアでも絶対通用すると思ってますので、バックアップしていきたいと思ってます」と“マイクアピール”。

「新日」には女性人気も高い“100年に1人の逸材”棚橋弘至(39)、「スイーツ真壁」で主婦層からも大人気の真壁刀義(43)など、情報番組やバラエティー番組で活躍する選手も多く、アミューズのバックアップが加わることでさらなる「お茶の間ジャック」が期待される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事