絶好調「あさが来た」 綾瀬&吉高“サプライズ出演”の現実味

公開日: 更新日:

 年末年始の総集編も一段落し、通常放送に戻った「あさが来た」について、最新号の「週刊ポスト」が仰天情報を載せている。「びっくりぽんなラストがぜ~んぶわかっちゃいました」と題した記事では、彗星のように現れたディーン・フジオカ(35)演じる五代友厚が間もなく難病にかかること、あさの姉・はつの息子とあさの娘が恋に落ちること(史実とは違う)などが書かれているが、中でも興味深いのが、綾瀬はるか(30)と吉高由里子(27)のサプライズ出演だ。

 綾瀬は3年前の大河ドラマ「八重の桜」で演じた新島八重として、吉高は2年前の朝ドラ「花子とアン」の村岡花子として、出演する可能性が高まっているという。記事の中ではNHKの制作スタッフの「現在、鋭意交渉中」というコメントが紹介されている。

「十分ありうるし、ぜひ見てみたい」というのはコラムニストの桧山珠美氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る