CM好感度1位 「au」三太郎シリーズなぜ受けるのか?

公開日: 更新日:

 このシリーズは「2015年12月度銘柄別CM好感度ランキング」(CM総合研究所調べ)でライバルの「ソフトバンク」や「ドコモ」を引き離し、ぶっちぎりのトップに。反響について「KDDI」の広報部はこう言う。

「自由でコミカルなストーリー展開で、『親しみやすさの中にもおかしみと驚きがある』ということで評価していただきました。出演している俳優さんは若手の方中心ですが、昔話がベースにあるため、老若男女に受け入れられる内容になっていて、たくさんの方に支持していただいた理由のひとつかなと考えています。一寸法師は想像以上に早く話題になってしまって(苦笑)。今年中に何とか……(正体を)と思っています。乞うご期待、という感じです」

 今年は「おむすびころりん」や「笠地蔵」のほかに「シンデレラ」など西洋の童話をモチーフにした内容も披露される予定だという。一時期は「白戸家」シリーズで一世を風靡したソフトバンクも下降気味。新バージョンのアニメシリーズも反応はイマイチだ。三太郎サマサマである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  2. 2

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  3. 3

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<3>人間関係が苦痛に

  4. 4

    安倍首相に忖度?石破氏パーティーに党三役ゼロの異常事態

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  7. 7

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<3>精神的打撃を負う

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る