三遊亭究斗「ミュージカル落語」成功の裏に円丈師匠の指南

公開日:  更新日:

 劇団四季の俳優から落語家に転身。ミュージカルと落語の融合「ミュージカル落語」を自ら創作して注目を浴びている三遊亭究斗さん(52)。これまでの道のりを振り返ると節目節目で助けられた恩人は多い。

「人生七転び八起き」なーんて言いますが、ボクの人生は挫折と葛藤の連続なんです。

 まず、ボクシングの世界チャンプを目指して生まれ故郷の四国・高松から上京し、プロライセンスを取得したものの、自分の技量の限界と世界を目指す選手とのあまりのギャップに意気消沈しまして、諦めてしまいました。

 劇団四季へも一度受験に失敗してるんです。ましてや落語の世界に飛び込んだのは1997年、34歳でした。劇団四季には足かけ10年在籍し、俳優だけでなく、若手の稽古を見たり演出助手もしてましたから、「落語家になりたいので退団させてください」って浅利慶太代表に申し上げたところ、「バカか? 気がふれたんじゃないか?」って呆れられたものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る