災難続くジャニーズ TOKIO長瀬主演作が公開延期の大打撃

公開日:  更新日:

 若いスキー客らの命を奪った軽井沢スキーバス転落事故は、公開目前の映画の興行にも大きな影響をもたらすこととなった。来月6日に公開予定だった映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」(宮藤官九郎脚本・監督)の公開延期が決定。製作委員会幹事のアスミック・エースと東宝の両社は「作品のシーンの一部ではあるが、スキーバス転落事故を想起させる可能性がある」とし、公開延期に加え、試写会や関連イベントの中止を発表したのだ。

 同作は、修学旅行中の男子高校生が観光バスの転落により死亡したことから始まり、現世への転生を目指し地獄の鬼たちとロック対決をするという物語。クドカンらしいコメディーだが、時期が時期だけにタイトルもアダとなった。不測の事態とはいえ、映画というマスメディアが社会に与える影響を考えれば今回の延期は妥当な選択だろうが、関係各所がダメージを被るのは明らかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る