遅すぎた逮捕…誰もが知っていた清原容疑者“奇行”の数々

公開日:  更新日:

「覚醒剤は私のものに間違いありません」

 2日に覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された清原和博容疑者(48)は、そう言って容疑を認めているという。逮捕容疑は2日午後8時48分ごろ、港区東麻布の自宅マンションで、約0・1グラムの覚醒剤を所持していた疑い。自宅からは注射器3本、ストロー、黒ずんだパイプが押収された。注射器のうち1本は、押収した覚醒剤と一緒にリビングのテーブルの上に置いてあった。覚醒剤は結晶の一部が欠けた状態で見つかっており、使いかけだったとみられる。

 複数の捜査員に囲まれて連行される清原容疑者の姿は衝撃的だったが、プロ野球界には驚きと同時に「やっぱり」「ついにか」という声も多い。

 14年3月に週刊文春が「清原 緊急入院 薬物でボロボロ」と報じる前から、その周辺では薬物使用のウワサが絶えなかった。文春報道の直前には、沖縄の那覇市で行われていた古巣・巨人の春季キャンプをアポなし訪問。格好も異様だった。白のVネックのTシャツに純白のスーツ。裸足に白と黒のコンビの革靴を履き、ズカズカとグラウンドへ足を踏み入れた。坊主頭でチョコボールのように黒く焼いた顔にはちょびヒゲ。およそ取材現場にはふさわしくない風貌とロレツの回らない口調に、言葉を交わした巨人の関係者は「まともじゃない」と一様に目を丸くしたものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る