上田まりえ「ショックです」 清原は卒論のテーマだった

公開日: 更新日:

 今年1月末に日本テレビを退社し、2月からは松竹芸能に所属している上田まりえ(29)。タレントとして「とにかく今は何でもやりたいです。ナレーションもやりたいし、声優もラジオもお芝居もいつかやってみたい」と意気込むが、そもそも、日テレ時代の上田に「まだまだ伸びる」と目をつけたのはマツコ・デラックスだった――。

「あの頃(13年)は、アナウンサーとしてもがいていた時期だったので、ああいう形(深夜番組『月曜から夜ふかし』でマツコが『女漁師みたいな女』と絶賛)で名前を出していただいたにもかかわらず、すごく戸惑いました。当時は社員の人にもスタッフにもアナウンサーとして認知されていない状態。それが、マツコさんが名前をおっしゃってくださった途端、みんなが知ってくれるようになって焦りましたね。マツコさんには、(昨年)10月くらいに退社するというご挨拶に行って、2人でお話させていただきました。怒られると覚悟して行ったらすごく温かい言葉をいただいて。いつか『頑張ったわね』って迎え入れてくれたらうれしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る