上田まりえ「ショックです」 清原は卒論のテーマだった

公開日:  更新日:

 今年1月末に日本テレビを退社し、2月からは松竹芸能に所属している上田まりえ(29)。タレントとして「とにかく今は何でもやりたいです。ナレーションもやりたいし、声優もラジオもお芝居もいつかやってみたい」と意気込むが、そもそも、日テレ時代の上田に「まだまだ伸びる」と目をつけたのはマツコ・デラックスだった――。

「あの頃(13年)は、アナウンサーとしてもがいていた時期だったので、ああいう形(深夜番組『月曜から夜ふかし』でマツコが『女漁師みたいな女』と絶賛)で名前を出していただいたにもかかわらず、すごく戸惑いました。当時は社員の人にもスタッフにもアナウンサーとして認知されていない状態。それが、マツコさんが名前をおっしゃってくださった途端、みんなが知ってくれるようになって焦りましたね。マツコさんには、(昨年)10月くらいに退社するというご挨拶に行って、2人でお話させていただきました。怒られると覚悟して行ったらすごく温かい言葉をいただいて。いつか『頑張ったわね』って迎え入れてくれたらうれしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る