日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上田まりえ「ショックです」 清原は卒論のテーマだった

 今年1月末に日本テレビを退社し、2月からは松竹芸能に所属している上田まりえ(29)。タレントとして「とにかく今は何でもやりたいです。ナレーションもやりたいし、声優もラジオもお芝居もいつかやってみたい」と意気込むが、そもそも、日テレ時代の上田に「まだまだ伸びる」と目をつけたのはマツコ・デラックスだった――。

「あの頃(13年)は、アナウンサーとしてもがいていた時期だったので、ああいう形(深夜番組『月曜から夜ふかし』でマツコが『女漁師みたいな女』と絶賛)で名前を出していただいたにもかかわらず、すごく戸惑いました。当時は社員の人にもスタッフにもアナウンサーとして認知されていない状態。それが、マツコさんが名前をおっしゃってくださった途端、みんなが知ってくれるようになって焦りましたね。マツコさんには、(昨年)10月くらいに退社するというご挨拶に行って、2人でお話させていただきました。怒られると覚悟して行ったらすごく温かい言葉をいただいて。いつか『頑張ったわね』って迎え入れてくれたらうれしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事