新宿―富山11時間 北陸新幹線より楽しめる乗り継ぎバス旅

公開日:  更新日:

 15年3月、いよいよ北陸新幹線が開業する。東京から金沢まで2時間28分。富山まで2時間8分と北陸がグンと近くなる。だが、先を急いで一気に目的地まで向かうだけの旅はなんだか味気ない。時代の流れに逆らえば、違う景色も見えてくる。「酒と温泉を楽しむ!『B級』山歩き」(光文社知恵の森文庫)の著者で“寄り道人生”をモットーとする山田稔氏が、乗り継ぎバスの富山旅に繰り出した。

 定番は東京駅発の深夜バスだが、体に負担の少ない日中移動のコースを発見!新宿西口の高速バスターミナルを朝7時に出る濃飛バス「飛騨高山行き」だ。12月某日に出発、中央高速はガラガラで快調に進む。

 雪化粧した南アルプスの峰々が目に飛び込んでくるのは、山梨県の釈迦堂PAを過ぎたあたりから。最高速度260キロの北陸新幹線と違い、時速80キロのバス旅。絶景をゆっくりと楽しめるのがいい。これ、醍醐味のひとつ。で、2時間も走れば、左手に甲斐駒ケ岳の峻嶮な姿が。なんだか新幹線車内のワゴン販売のコーヒーが恋しくなった。自宅から保温水筒に入れてきたお湯を注ぎ、即席カプチーノ。セルフだが、いれたて。エコ。節約。何事も気の持ちようである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る