日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“任侠演歌”でヒット 君夕子さんは10坪スナックのママに

 一昨年亡くなった高倉健、菅原文太の2人が今でも時に芸能マスコミをにぎわすように、何だかんだといいながら、男は大好きな任侠の世界。カラオケでも根強い人気を誇っている。きょう登場の君夕子さん(65)は85年、「昭和任侠伝」をヒットさせた演歌歌手。今どうしているのか。

■カラオケスナックを19年

「いらっしゃい。カウンターにどうぞ」

 大阪は城東区。市営地下鉄緑橋駅から歩いて3分の飲食ビル2階にあるカラオケスナック「君夕子の店」を訪ねると、笑顔の本人がいた。

「96年に歌手辞めて、大阪に戻ってきたんですわ。明くる年の2月にここをオープンしたから、19年になる計算ですか」

 10坪ほどの店内はカウンター10席に5人掛けのボックス席。こぢんまりしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事