“任侠演歌”でヒット 君夕子さんは10坪スナックのママに

公開日: 更新日:

 一昨年亡くなった高倉健、菅原文太の2人が今でも時に芸能マスコミをにぎわすように、何だかんだといいながら、男は大好きな任侠の世界。カラオケでも根強い人気を誇っている。きょう登場の君夕子さん(65)は85年、「昭和任侠伝」をヒットさせた演歌歌手。今どうしているのか。

■カラオケスナックを19年

「いらっしゃい。カウンターにどうぞ」

 大阪は城東区。市営地下鉄緑橋駅から歩いて3分の飲食ビル2階にあるカラオケスナック「君夕子の店」を訪ねると、笑顔の本人がいた。

「96年に歌手辞めて、大阪に戻ってきたんですわ。明くる年の2月にここをオープンしたから、19年になる計算ですか」

 10坪ほどの店内はカウンター10席に5人掛けのボックス席。こぢんまりしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    軍が守るのは国民ではないと教えるドキュメンタリー映画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る