歌詞に秘密あり 伊藤咲子40年前の歌が今なぜか注目のワケ

公開日: 更新日:

 17日に発売された伊藤咲子(57)の新CDが教育関係者の間で話題になっている。注目されているのは、新CD「プルメリアの涙」のカップリング曲「たそがれに愛をこめて」の方。

 実はこれ、伊藤が“アイドル全盛”だった1976年、「想い出のセンチメンタルシティイ」のB面として作られた曲。大ヒットとなった「きみ可愛いね」と同じ年に発売された曲だが、失礼ながらそれほどヒットした記憶がない。それが40年の時を経た今、どうして?

「秘密は歌詞(作詞・阿久悠)の内容にあります」というのは音楽関係者。

 詞はこんな具合だ。

〈もうすぐみんな ちりぢりになり こんな話も出来なくなる(中略)もう誰もここへ来なくなるでしょう〉

「当時は“卒業ソング”と思われていました。ところが、それだと“もう誰もここへ来なくなる”がつじつまが合わなくなってしまう。好きな者同士が勝手に集まればいいだけですから。そこで出てきたのが“実はこの学校は廃校になるのでは?”という解釈。ちょうど現在は少子化の影響を受け、全国で小中学校の統廃合が相次いでいます。そんな学校の関係者がこの歌に目をつけ、廃校する学校の記念曲としてCDを流したり、生徒全員で歌ったりしているのです」(前出の関係者)

 新CDには八千代少年少女合唱団とコラボした合唱バージョンも入っている。これを聞いて、ありし日を偲ぶもよし、生徒全員で歌うもよし……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る