歌詞に秘密あり 伊藤咲子40年前の歌が今なぜか注目のワケ

公開日: 更新日:

 17日に発売された伊藤咲子(57)の新CDが教育関係者の間で話題になっている。注目されているのは、新CD「プルメリアの涙」のカップリング曲「たそがれに愛をこめて」の方。

 実はこれ、伊藤が“アイドル全盛”だった1976年、「想い出のセンチメンタルシティイ」のB面として作られた曲。大ヒットとなった「きみ可愛いね」と同じ年に発売された曲だが、失礼ながらそれほどヒットした記憶がない。それが40年の時を経た今、どうして?

「秘密は歌詞(作詞・阿久悠)の内容にあります」というのは音楽関係者。

 詞はこんな具合だ。

〈もうすぐみんな ちりぢりになり こんな話も出来なくなる(中略)もう誰もここへ来なくなるでしょう〉

「当時は“卒業ソング”と思われていました。ところが、それだと“もう誰もここへ来なくなる”がつじつまが合わなくなってしまう。好きな者同士が勝手に集まればいいだけですから。そこで出てきたのが“実はこの学校は廃校になるのでは?”という解釈。ちょうど現在は少子化の影響を受け、全国で小中学校の統廃合が相次いでいます。そんな学校の関係者がこの歌に目をつけ、廃校する学校の記念曲としてCDを流したり、生徒全員で歌ったりしているのです」(前出の関係者)

 新CDには八千代少年少女合唱団とコラボした合唱バージョンも入っている。これを聞いて、ありし日を偲ぶもよし、生徒全員で歌うもよし……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

もっと見る