歌詞に秘密あり 伊藤咲子40年前の歌が今なぜか注目のワケ

公開日:  更新日:

 17日に発売された伊藤咲子(57)の新CDが教育関係者の間で話題になっている。注目されているのは、新CD「プルメリアの涙」のカップリング曲「たそがれに愛をこめて」の方。

 実はこれ、伊藤が“アイドル全盛”だった1976年、「想い出のセンチメンタルシティイ」のB面として作られた曲。大ヒットとなった「きみ可愛いね」と同じ年に発売された曲だが、失礼ながらそれほどヒットした記憶がない。それが40年の時を経た今、どうして?

「秘密は歌詞(作詞・阿久悠)の内容にあります」というのは音楽関係者。

 詞はこんな具合だ。

〈もうすぐみんな ちりぢりになり こんな話も出来なくなる(中略)もう誰もここへ来なくなるでしょう〉

「当時は“卒業ソング”と思われていました。ところが、それだと“もう誰もここへ来なくなる”がつじつまが合わなくなってしまう。好きな者同士が勝手に集まればいいだけですから。そこで出てきたのが“実はこの学校は廃校になるのでは?”という解釈。ちょうど現在は少子化の影響を受け、全国で小中学校の統廃合が相次いでいます。そんな学校の関係者がこの歌に目をつけ、廃校する学校の記念曲としてCDを流したり、生徒全員で歌ったりしているのです」(前出の関係者)

 新CDには八千代少年少女合唱団とコラボした合唱バージョンも入っている。これを聞いて、ありし日を偲ぶもよし、生徒全員で歌うもよし……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る