不倫、賭博、覚醒剤…ロンブー淳が“地上波タブー”に挑戦

公開日: 更新日:

 15日、「第5回スカパー! メディアラウンドテーブル」に出席した「ロンドンブーツ1号2号」田村淳(42)。同局で昨年9月に放送された番組「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」がレギュラー化される。

 前回は覚醒剤で逮捕された元「光GENJI」赤坂晃としゃぶしゃぶを食べながら「シャブ」を語るなど、地上波では実現困難なタブーに切り込んだ内容が反響を呼んだという。

 淳は「この前、小向美奈子さんの事務所の社長さんに『ウチのはまだ塀の中にいるので、出てきてからやってくれないですか?』と言われた。僕は面会するところからやりたい。交渉中です。芸能界は年に1回くらい覚醒剤をやる人が出てきますから、そういった方々に覚醒剤の怖さを語ってもらいたい」とノリノリ。

 さらに「最近、芸能界では不倫をしていらっしゃる方が非常に多いので『不倫さんいらっしゃい!』みたいな企画をやりたい。(来てほしいゲストは)ベッキーさんですね。皆さんも記事を書きやすいと思いますので。あとは、(野球)賭博で捕まった元プロ野球選手の方々を、海外で野球賭博が(合法的に)できる場所に連れて行って『本当の野球賭博はこれだ!』って教えたい」と“舌好調”だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る