不倫、賭博、覚醒剤…ロンブー淳が“地上波タブー”に挑戦

公開日: 更新日:

 15日、「第5回スカパー! メディアラウンドテーブル」に出席した「ロンドンブーツ1号2号」田村淳(42)。同局で昨年9月に放送された番組「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」がレギュラー化される。

 前回は覚醒剤で逮捕された元「光GENJI」赤坂晃としゃぶしゃぶを食べながら「シャブ」を語るなど、地上波では実現困難なタブーに切り込んだ内容が反響を呼んだという。

 淳は「この前、小向美奈子さんの事務所の社長さんに『ウチのはまだ塀の中にいるので、出てきてからやってくれないですか?』と言われた。僕は面会するところからやりたい。交渉中です。芸能界は年に1回くらい覚醒剤をやる人が出てきますから、そういった方々に覚醒剤の怖さを語ってもらいたい」とノリノリ。

 さらに「最近、芸能界では不倫をしていらっしゃる方が非常に多いので『不倫さんいらっしゃい!』みたいな企画をやりたい。(来てほしいゲストは)ベッキーさんですね。皆さんも記事を書きやすいと思いますので。あとは、(野球)賭博で捕まった元プロ野球選手の方々を、海外で野球賭博が(合法的に)できる場所に連れて行って『本当の野球賭博はこれだ!』って教えたい」と“舌好調”だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る