碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

綾瀬はるか主演「精霊の守り人」 世界観が成否の分かれ目

公開日: 更新日:

【連載コラム「TV見るべきものは!!」】

 先週から、“放送90年大河ファンタジー”と銘打つ「精霊の守り人」が始まった。事前のPRで、主演が綾瀬はるか(30)であることは分かったが、「ファンタジーって何?」と思った視聴者は多かったのではないか。ざっくり言えば、「ハリー・ポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」などのような、架空の世界での物語だ。

「精霊」の舞台となるのは新ヨゴ国。「太古、南の大陸にあったヨゴ国から、トルガル帝が民を率いて北の緑豊かな土地に移り、建国した」と言われて、ついていけないという人がいるはずで、決して万人向けではない。

 綾瀬が演じるバルサは短槍使いの女用心棒。新ヨゴ国の第2王妃(木村文乃)が産んだ王子(小林颯)を、息子の命を狙う王様(藤原竜也)から守るために戦う。綾瀬のアクションシーンはなかなか見事で、かつて女座頭市を演じた映画「ICHI」を思わせる。いや、むしろスローモーションを多用しない分、こちらのほうがキレがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  4. 4

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  9. 9

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る