殺陣と入浴シーンに注目 綾瀬はるか&木村文乃の“鎖骨対決”

公開日:  更新日:

 24日に行われた綾瀬はるか(30)主演のNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」(3月19日21時~)完成披露試写会。会場は立ち見が出るほどの盛況ぶりだった。

 同ドラマは、NHKがラジオ放送開始から90年を記念してブチ上げた企画で全編4Kカメラで撮影。向こう3年かけて全22回を放送していく時間も人もカネも投じた一大プロジェクトで制作発表の段階から注目を集めていた。

 原作は文化人類学者・上橋菜穂子氏の小説「守り人」シリーズ全10巻。これまで漫画、アニメ、ラジオドラマにもなっており、読む者、見る者、聞く者をひきつける骨太な作品だが、ジャンルでいえば「児童向けのファンタジー」だ。浮世離れした幻想の世界を描くとなれば、食指の動かない大人や大河ファンは多いだろう。

 しかし、初回を見る限り、かなり面白い。冒頭から綾瀬が見せる。激流の川から子供を救出する過激なアクションに吹き替えなしで挑戦。短槍使いの凄腕女用心棒という役柄で、追っ手の狩人たち相手に華麗なアクションや殺陣にぐいぐい引き込まれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る