脱1ケタ望み薄…綾瀬はるか「わたしを離さないで」の敗因

公開日:  更新日:

 下馬評では、1月スタートの連ドラで一番期待が高かったTBS金曜ドラマ「わたしを離さないで」が、蓋を開けてみれば初回視聴率6.2%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と撃沈してしまった。

 原作はカズオ・イシグロの世界的ベストセラーで、脚本は「JIN」「天皇の料理番」などヒット作を連発している森下佳子、しかも主演が“視聴率女王”ともいわれる綾瀬はるか。第2話以降も6.2%、7.7%と持ち直すことができず、最低でも2桁の視聴率をもくろんでいた局側はショックを隠せない。

「何しろ金曜ドラマ枠では昨夏、ほぼ無名の芳根京子を起用した『表参道高校合唱部!』の6.6%を下回る過去最低視聴率。裏番組で2週続けてジブリ映画が放映された不運を差し引いても、テレ東さえも下回る同時間帯最低の数字は想定外でした。連ドラで最も大事な出はなをくじかれてしまっては、よほどのことがない限り2桁は望めっこないと現場は諦めムードが漂っています」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る