上戸彩がイソジン新CMに 好感度女王はカバくんに勝てるか

公開日:  更新日:

 5日に行われた「うがいのイソジンから、総合感染対策のイソジンへ」の記者会見に出席した上戸彩(30)。4月からイソジンの新CMキャラクターに抜擢され、「皆さんの健康を願いながら、一生懸命務めさせていただこうと思っています」と抱負を語っていた。

 昨年8月、EXILEグループの司令塔である夫・HIRO(46)との間に女児が誕生。産休明けは映画のアフレコといった拘束時間の少ない仕事をメーンにしているが、2015タレントCM起用社数ランキング(ニホンモニター調べ)で男女総合トップだけのことはある。知名度も好感度も衰え知らず、むしろ、新たなCMをゲットしたのだから、母の肩書も加わった上戸のニーズは増すばかりである。

 しかし、今回はこれまで以上に広告塔として大きな役割を求められることになりそうだ。というのも、上戸のイメージが昨年末に明るみになった「イソジン」のカバ騒動の“勝敗”を左右しかねないからだ。イソジンはもともと米系製薬会社のムンディファーマが開発した殺菌消毒薬で、1961年の発売から今年3月末まで食品大手の明治が日本での提携先として製造・販売していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る