上戸彩がイソジン新CMに 好感度女王はカバくんに勝てるか

公開日: 更新日:

 5日に行われた「うがいのイソジンから、総合感染対策のイソジンへ」の記者会見に出席した上戸彩(30)。4月からイソジンの新CMキャラクターに抜擢され、「皆さんの健康を願いながら、一生懸命務めさせていただこうと思っています」と抱負を語っていた。

 昨年8月、EXILEグループの司令塔である夫・HIRO(46)との間に女児が誕生。産休明けは映画のアフレコといった拘束時間の少ない仕事をメーンにしているが、2015タレントCM起用社数ランキング(ニホンモニター調べ)で男女総合トップだけのことはある。知名度も好感度も衰え知らず、むしろ、新たなCMをゲットしたのだから、母の肩書も加わった上戸のニーズは増すばかりである。

 しかし、今回はこれまで以上に広告塔として大きな役割を求められることになりそうだ。というのも、上戸のイメージが昨年末に明るみになった「イソジン」のカバ騒動の“勝敗”を左右しかねないからだ。イソジンはもともと米系製薬会社のムンディファーマが開発した殺菌消毒薬で、1961年の発売から今年3月末まで食品大手の明治が日本での提携先として製造・販売していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る