上戸彩がイソジン新CMに 好感度女王はカバくんに勝てるか

公開日: 更新日:

 5日に行われた「うがいのイソジンから、総合感染対策のイソジンへ」の記者会見に出席した上戸彩(30)。4月からイソジンの新CMキャラクターに抜擢され、「皆さんの健康を願いながら、一生懸命務めさせていただこうと思っています」と抱負を語っていた。

 昨年8月、EXILEグループの司令塔である夫・HIRO(46)との間に女児が誕生。産休明けは映画のアフレコといった拘束時間の少ない仕事をメーンにしているが、2015タレントCM起用社数ランキング(ニホンモニター調べ)で男女総合トップだけのことはある。知名度も好感度も衰え知らず、むしろ、新たなCMをゲットしたのだから、母の肩書も加わった上戸のニーズは増すばかりである。

 しかし、今回はこれまで以上に広告塔として大きな役割を求められることになりそうだ。というのも、上戸のイメージが昨年末に明るみになった「イソジン」のカバ騒動の“勝敗”を左右しかねないからだ。イソジンはもともと米系製薬会社のムンディファーマが開発した殺菌消毒薬で、1961年の発売から今年3月末まで食品大手の明治が日本での提携先として製造・販売していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  5. 5

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  6. 6

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る