上戸彩がイソジン新CMに 好感度女王はカバくんに勝てるか

公開日: 更新日:

 5日に行われた「うがいのイソジンから、総合感染対策のイソジンへ」の記者会見に出席した上戸彩(30)。4月からイソジンの新CMキャラクターに抜擢され、「皆さんの健康を願いながら、一生懸命務めさせていただこうと思っています」と抱負を語っていた。

 昨年8月、EXILEグループの司令塔である夫・HIRO(46)との間に女児が誕生。産休明けは映画のアフレコといった拘束時間の少ない仕事をメーンにしているが、2015タレントCM起用社数ランキング(ニホンモニター調べ)で男女総合トップだけのことはある。知名度も好感度も衰え知らず、むしろ、新たなCMをゲットしたのだから、母の肩書も加わった上戸のニーズは増すばかりである。

 しかし、今回はこれまで以上に広告塔として大きな役割を求められることになりそうだ。というのも、上戸のイメージが昨年末に明るみになった「イソジン」のカバ騒動の“勝敗”を左右しかねないからだ。イソジンはもともと米系製薬会社のムンディファーマが開発した殺菌消毒薬で、1961年の発売から今年3月末まで食品大手の明治が日本での提携先として製造・販売していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る