実はNHK朝ドラ常連 芳根京子が“4度目の正直”でヒロインに

公開日:  更新日:

 朝ドラヒロインのオーディションを受け続けること4作目にして、念願の大役を勝ち取った。

 2016年度後期のNHK朝ドラ「べっぴんさん」(10月3日スタート)のヒロインに起用されたのは、デビュー3年目の女優・芳根京子(19)。応募総数2261人の中から選ばれた。朝ドラファンにはすでにお馴染みの顔――「花子とアン」で仲間由紀恵(36)演じる蓮子の娘役だったアノ娘である。

 6日に行われた会見には、役名の「坂東すみれ」にちなんで制作陣がこしらえたスミレ色の特注スカートで登場。中学2年の時に難病の「ギラン・バレー症候群」を発症したが今は完治して元気そのもの。

「朝ドラのヒロインは大きな目標であり、夢でした。自分らしさを忘れず、自分の意思を持って演じていきたいです!」と力強く抱負を語る姿は、キラッキラ。「あさが来た」「とと姉ちゃん」の勢いに続けるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る