• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あさが来た」快挙へ 成功の秘密は“幸と不幸のバランス”

 初回から好調を続けているNHK朝ドラ「あさが来た」が快挙をなし遂げようとしている。

 先週の週間視聴率(21~26日)が23.6%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、これで25週連続20%超え。このままラストスパートに向かうと、02年に放送された「さくら」を抜いて、今世紀の朝ドラ史上最高視聴率をマークすることになるという。

「あさが来た」成功の秘密はどこにあるのか。コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「惨敗に終わった前作『まれ』(期間平均19.4%)と比較すると違いがよく分かると思います。『まれ』の場合、ヒロインの目的は“パティシエになること”だったのに、修業などの様子がまったく描かれず、いつの間にか結婚。すると今度はパティシエの夢はどこへやら、“(夫の仕事である)塗師の仕事を手伝うと言い出すなど、話が散漫過ぎました。それに引き換え『あさが来た』は炭鉱事業、銀行業を起こし、最後は日本初の女子大設立という目的がハッキリしていて、山アリ谷アリがしっかり描けていました。視聴者とすれば、朝ドラ3本分を見たお得感があったんじゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る