• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あさが来た」快挙へ 成功の秘密は“幸と不幸のバランス”

 初回から好調を続けているNHK朝ドラ「あさが来た」が快挙をなし遂げようとしている。

 先週の週間視聴率(21~26日)が23.6%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、これで25週連続20%超え。このままラストスパートに向かうと、02年に放送された「さくら」を抜いて、今世紀の朝ドラ史上最高視聴率をマークすることになるという。

「あさが来た」成功の秘密はどこにあるのか。コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「惨敗に終わった前作『まれ』(期間平均19.4%)と比較すると違いがよく分かると思います。『まれ』の場合、ヒロインの目的は“パティシエになること”だったのに、修業などの様子がまったく描かれず、いつの間にか結婚。すると今度はパティシエの夢はどこへやら、“(夫の仕事である)塗師の仕事を手伝うと言い出すなど、話が散漫過ぎました。それに引き換え『あさが来た』は炭鉱事業、銀行業を起こし、最後は日本初の女子大設立という目的がハッキリしていて、山アリ谷アリがしっかり描けていました。視聴者とすれば、朝ドラ3本分を見たお得感があったんじゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る