「あさが来た」快挙へ 成功の秘密は“幸と不幸のバランス”

公開日:  更新日:

 初回から好調を続けているNHK朝ドラ「あさが来た」が快挙をなし遂げようとしている。

 先週の週間視聴率(21~26日)が23.6%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、これで25週連続20%超え。このままラストスパートに向かうと、02年に放送された「さくら」を抜いて、今世紀の朝ドラ史上最高視聴率をマークすることになるという。

「あさが来た」成功の秘密はどこにあるのか。コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「惨敗に終わった前作『まれ』(期間平均19.4%)と比較すると違いがよく分かると思います。『まれ』の場合、ヒロインの目的は“パティシエになること”だったのに、修業などの様子がまったく描かれず、いつの間にか結婚。すると今度はパティシエの夢はどこへやら、“(夫の仕事である)塗師の仕事を手伝うと言い出すなど、話が散漫過ぎました。それに引き換え『あさが来た』は炭鉱事業、銀行業を起こし、最後は日本初の女子大設立という目的がハッキリしていて、山アリ谷アリがしっかり描けていました。視聴者とすれば、朝ドラ3本分を見たお得感があったんじゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る