「あさが来た」快挙へ 成功の秘密は“幸と不幸のバランス”

公開日: 更新日:

 初回から好調を続けているNHK朝ドラ「あさが来た」が快挙をなし遂げようとしている。

 先週の週間視聴率(21~26日)が23.6%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、これで25週連続20%超え。このままラストスパートに向かうと、02年に放送された「さくら」を抜いて、今世紀の朝ドラ史上最高視聴率をマークすることになるという。

「あさが来た」成功の秘密はどこにあるのか。コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「惨敗に終わった前作『まれ』(期間平均19.4%)と比較すると違いがよく分かると思います。『まれ』の場合、ヒロインの目的は“パティシエになること”だったのに、修業などの様子がまったく描かれず、いつの間にか結婚。すると今度はパティシエの夢はどこへやら、“(夫の仕事である)塗師の仕事を手伝うと言い出すなど、話が散漫過ぎました。それに引き換え『あさが来た』は炭鉱事業、銀行業を起こし、最後は日本初の女子大設立という目的がハッキリしていて、山アリ谷アリがしっかり描けていました。視聴者とすれば、朝ドラ3本分を見たお得感があったんじゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  8. 8

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  9. 9

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る