ベッキー“ゲス不倫騒動”が閉幕 川谷元妻の手紙でピリオド

公開日:  更新日:

 13日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)でテレビ復帰したベッキー(32)が所属するサンミュージックプロダクションが18日、マスコミ各社宛てにファクスを送付。不倫相手だった「ゲス極」川谷絵音(27)の元夫人の代理人の弁護士から預かった手紙を公開することで騒動にピリオドを打った。

 発売中の週刊文春では元夫人がベッキーに抗議文を送ったと報じられているが、それについては代理人が「(元妻の)A子さんが当職の目の前で素直な心情を手紙に書いたもので、抗議文ではありません。あくまでも社長に思いの丈を聞いてほしいとの気持ちから書いた手紙で、他人の目に触れないように当職が預かり、翌日、サンミュージックの社長に直接届けたもの」と説明。ベッキーへの抗議文という文春報道を否定した。

 ベッキーは川谷元夫人に今月2日に直接謝罪して和解。5カ月に及んだ前代未聞のゲス不倫騒動はようやく閉幕となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る