殺陣なし時代劇 映画「殿、利息でござる!」ヒットの秘密

公開日: 更新日:

 阿部サダヲ(46)主演の映画「殿、利息でござる!」(松竹、中村義洋監督)が下馬評を覆す奮闘を見せている。本命視されていた同日(14日)公開の佐藤健(27)主演作「世界から猫が消えたなら」(東宝、永井聡監督)を上回る興行成績をマークしているのだ。

 その勢いは公開2週目でも衰えず、ディズニーの「ズートピア」に続くランキング2位を守り、興行収入6億円を突破。最終的に及第点の2ケタ超えは堅く、15億円も見込める状況だという。製作・配給する松竹は「うれしく思っています」(同社宣伝部)とクールな反応だが、実はこれ、数字以上のオモシロ現象なのだ。

 国内3大メジャー映画会社(東宝、東映、松竹)の中で独り勝ちが続く東宝は、実写の大作を公開すれば他を寄せ付けない大ヒットを連発している。ところが、14年3月に公開のテレビドラマでお馴染みの人気シリーズ「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」は、同時公開の井上真央(29)主演「白ゆき姫殺人事件」(松竹)に興収成績で敗北。くしくも「白ゆき」と「殿、利息でござる!」は同じ中村監督作品で、「連チャンで王者を打ち負かした」(映画ライター)と話題になっているというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る