日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

JUMP中島主演ドラマ 山本美月ヒロイン抜擢に“吉田羊の影”

「大人の魅力を忘れさせる作戦かな」「同年代ならOKってこと?」――モデルで女優の山本美月(24)が7月ドラマ「HOPE」(フジテレビ系)のヒロインに抜擢されたことでさまざまな臆測を呼んでいる。

 なにしろ主演で、山本の相手役となるのは、つい先日、推定20歳年上の吉田羊(年齢非公表)との“7連泊”を報じられたばかりの中島裕翔(22)。「山本起用のウラには何かある」と勘繰られているわけだ。

「大抵の場合、ドラマの配役はヒーローとヒロインが同時に発表されるはずです。たとえば他の7月ドラマでいうと『好きな人がいること』(フジテレビ系)は桐谷美玲と山崎賢人、『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)が武井咲と滝沢秀明、『神の舌を持つ男』(TBS系)が木村文乃と向井理が決まっている。ところが『HOPE』では中島の主演は4月下旬に公表されていたのに、山本だけが今頃になっている。さらに当初の発表では『恋愛シーンはない予定』とされていたから、アレコレと噂話が飛んでいるのです」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事