会見の風向き一転…円楽に「不倫許すまじ」のクレーム増

公開日:  更新日:

「円楽よ、やっぱりおまえもか……」

 こんな雲行きになりつつあるという。ベッキーに始まり桂文枝、ファンキー加藤に続いて不倫現場をスクープされた三遊亭円楽(66)である。

 円楽は週刊誌が発売されたその日のうちに釈明会見を開き「今回の騒動と掛けまして、今、東京湾を出て行った船と解きます。航海(後悔)の真っ最中」と謎掛けまで披露して笑いを誘ってみせた。

 まるでレギュラーの人気番組「笑点」(日本テレビ系)に出演している時のように、自ら大トリを買って出たと言わんばかりのサービス精神を発揮……。

「彼の頭の中にあったのは世間の不倫バッシングです。あの会見の前に番組スタッフや知り合いの作家ともいろいろ打ち合わせしていたようです。落語家という身分で世間をけむに巻き、いかに叩かれるのをかわすかです。会見後は自分でも満足し悦に入っていました」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る