日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

会見の風向き一転…円楽に「不倫許すまじ」のクレーム増

「円楽よ、やっぱりおまえもか……」

 こんな雲行きになりつつあるという。ベッキーに始まり桂文枝、ファンキー加藤に続いて不倫現場をスクープされた三遊亭円楽(66)である。

 円楽は週刊誌が発売されたその日のうちに釈明会見を開き「今回の騒動と掛けまして、今、東京湾を出て行った船と解きます。航海(後悔)の真っ最中」と謎掛けまで披露して笑いを誘ってみせた。

 まるでレギュラーの人気番組「笑点」(日本テレビ系)に出演している時のように、自ら大トリを買って出たと言わんばかりのサービス精神を発揮……。

「彼の頭の中にあったのは世間の不倫バッシングです。あの会見の前に番組スタッフや知り合いの作家ともいろいろ打ち合わせしていたようです。落語家という身分で世間をけむに巻き、いかに叩かれるのをかわすかです。会見後は自分でも満足し悦に入っていました」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事