• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブライダル業界が大迷惑 ファンキー加藤W不倫騒動の余波

「ゲス不倫の当たり年ですが、ファンキー加藤は最悪ですよ」

 関東の結婚式場関係者はそう愚痴る。
“ファンキー”に友人の妻と飲み会をやり、“モンキー”にゲス不倫して“ベイビー”ができた、元ファンキー・モンキー・ベイビーズのファンキー加藤(37)。ダブル不倫騒動の余波は、思わぬところにまで広がっている。

「友情とか愛情を売りにしていたファンモンの曲は、『ありがとう』など披露宴で流すウエディングソングとして大人気でした。ところが加藤の不倫のせいで、『不幸になりそうだから、披露宴の曲目から外したい』という申し出が殺到しています。シーズン真っ盛りなのに予定が狂っててんやわんや、それどころか、不倫報道が多すぎるせいで、『式をしばらく延期したい』と言い出すカップルまでいる」(前出の結婚式場関係者)

 ただでさえブライダル業界の先行きは、少子化もあって不透明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る