ブライダル業界が大迷惑 ファンキー加藤W不倫騒動の余波

公開日:  更新日:

「ゲス不倫の当たり年ですが、ファンキー加藤は最悪ですよ」

 関東の結婚式場関係者はそう愚痴る。
“ファンキー”に友人の妻と飲み会をやり、“モンキー”にゲス不倫して“ベイビー”ができた、元ファンキー・モンキー・ベイビーズのファンキー加藤(37)。ダブル不倫騒動の余波は、思わぬところにまで広がっている。

「友情とか愛情を売りにしていたファンモンの曲は、『ありがとう』など披露宴で流すウエディングソングとして大人気でした。ところが加藤の不倫のせいで、『不幸になりそうだから、披露宴の曲目から外したい』という申し出が殺到しています。シーズン真っ盛りなのに予定が狂っててんやわんや、それどころか、不倫報道が多すぎるせいで、『式をしばらく延期したい』と言い出すカップルまでいる」(前出の結婚式場関係者)

 ただでさえブライダル業界の先行きは、少子化もあって不透明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る