ブライダル業界が大迷惑 ファンキー加藤W不倫騒動の余波

公開日:  更新日:

「ゲス不倫の当たり年ですが、ファンキー加藤は最悪ですよ」

 関東の結婚式場関係者はそう愚痴る。
“ファンキー”に友人の妻と飲み会をやり、“モンキー”にゲス不倫して“ベイビー”ができた、元ファンキー・モンキー・ベイビーズのファンキー加藤(37)。ダブル不倫騒動の余波は、思わぬところにまで広がっている。

「友情とか愛情を売りにしていたファンモンの曲は、『ありがとう』など披露宴で流すウエディングソングとして大人気でした。ところが加藤の不倫のせいで、『不幸になりそうだから、披露宴の曲目から外したい』という申し出が殺到しています。シーズン真っ盛りなのに予定が狂っててんやわんや、それどころか、不倫報道が多すぎるせいで、『式をしばらく延期したい』と言い出すカップルまでいる」(前出の結婚式場関係者)

 ただでさえブライダル業界の先行きは、少子化もあって不透明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る