• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

おかずクラブ・オカリナ「外国の男性とこんなふうに…」

 20日、体験型ファンタジー「スラバのスノーショー」開幕イベントが開かれ、スペシャルサポーターの「おかずクラブ」ゆいP(30)とオカリナ(31)、ゆりやんレトリィバァ(25)が出席。2人のクラウン(道化師)も紙で作られた雪をバラまきながら登場した。

 日本公演に出演することが決まったゆいPとゆりやんは道化師の姿に生着替え。何かとボディータッチの多いクラウンに、ゆりやんは「私のことを初めて女として見てくれた男性」と興奮気味。その後も“お触り”は続き、ゆりやんは英語と日本語を混ぜた持ちネタで「メチャクチャサワラレテル」と苦笑いすると、「こんな私が言うのもなんですけど、絡みにくい」と本音をこぼした。

 終始ふざけるクラウンたちに、ゆいPは戸惑いを隠せず、「何この空間、今までにない。独特すぎる」と挙動不審。

 一方、クラウンにダンスを誘われたオカリナは冷静で、「外国の男性にこんなふうにリードされるなんて。日本の男性にもこういったリード力や愛の深さを学んでもらいたい」とオクテな日本人に苦言を呈していた。「おかずクラブ」はコンビでバージンであることを公言。この分だと“イチ抜け”するのはオカリナか!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る