• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TV界での生き残りかけ…“コメンテーター芸人”が増殖中

 最近、政治にコメントする芸人が増えてないか。今や政治も扱うワイドショーの司会を芸人が務めるのが当たり前の時代(たとえば、恵俊彰や設楽統ら)だが、ここのところ、コメンテーター席にも芸人が座る番組が多い。「お笑い芸人が政治や社会を語るな!」と腹が立つ視聴者もいるだろうが、こうなった要因はなにか。

 まず、90年代からニュース枠が拡大したと同時に、ワイドショーでも事件や政治問題を流すようになった。東日本大震災、世界各地で起こるテロ、リーマン・ショックや景気動向など、国民にとって身につまされる内容を取り上げると、視聴率がとれるようになった。20年ほど前に政治バラエティーといえば、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)くらいしかなかったのに、急に増え始めたのだ。

 すると、仕事場(テレビ枠)を政治家や評論家に荒らされてる芸人たちは、「池上彰のそうだったのか!!」などで参院選やEU離脱について気の利いた質問ができなければ、テレビで生き残れなくなった。ましてやお笑い界のドン・ビートたけしが前出の「TVタックル」や「ニュースキャスター」(TBS系)でニュースを語ってるし、爆笑問題も政治バラをやっているから、「俺も40過ぎたら政治についてコメントしたいな」と考えて勉強し始めてる芸人もたくさんいるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る