TV界での生き残りかけ…“コメンテーター芸人”が増殖中

公開日:  更新日:

 最近、政治にコメントする芸人が増えてないか。今や政治も扱うワイドショーの司会を芸人が務めるのが当たり前の時代(たとえば、恵俊彰や設楽統ら)だが、ここのところ、コメンテーター席にも芸人が座る番組が多い。「お笑い芸人が政治や社会を語るな!」と腹が立つ視聴者もいるだろうが、こうなった要因はなにか。

 まず、90年代からニュース枠が拡大したと同時に、ワイドショーでも事件や政治問題を流すようになった。東日本大震災、世界各地で起こるテロ、リーマン・ショックや景気動向など、国民にとって身につまされる内容を取り上げると、視聴率がとれるようになった。20年ほど前に政治バラエティーといえば、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)くらいしかなかったのに、急に増え始めたのだ。

 すると、仕事場(テレビ枠)を政治家や評論家に荒らされてる芸人たちは、「池上彰のそうだったのか!!」などで参院選やEU離脱について気の利いた質問ができなければ、テレビで生き残れなくなった。ましてやお笑い界のドン・ビートたけしが前出の「TVタックル」や「ニュースキャスター」(TBS系)でニュースを語ってるし、爆笑問題も政治バラをやっているから、「俺も40過ぎたら政治についてコメントしたいな」と考えて勉強し始めてる芸人もたくさんいるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る