TV界での生き残りかけ…“コメンテーター芸人”が増殖中

公開日:  更新日:

 最近、政治にコメントする芸人が増えてないか。今や政治も扱うワイドショーの司会を芸人が務めるのが当たり前の時代(たとえば、恵俊彰や設楽統ら)だが、ここのところ、コメンテーター席にも芸人が座る番組が多い。「お笑い芸人が政治や社会を語るな!」と腹が立つ視聴者もいるだろうが、こうなった要因はなにか。

 まず、90年代からニュース枠が拡大したと同時に、ワイドショーでも事件や政治問題を流すようになった。東日本大震災、世界各地で起こるテロ、リーマン・ショックや景気動向など、国民にとって身につまされる内容を取り上げると、視聴率がとれるようになった。20年ほど前に政治バラエティーといえば、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)くらいしかなかったのに、急に増え始めたのだ。

 すると、仕事場(テレビ枠)を政治家や評論家に荒らされてる芸人たちは、「池上彰のそうだったのか!!」などで参院選やEU離脱について気の利いた質問ができなければ、テレビで生き残れなくなった。ましてやお笑い界のドン・ビートたけしが前出の「TVタックル」や「ニュースキャスター」(TBS系)でニュースを語ってるし、爆笑問題も政治バラをやっているから、「俺も40過ぎたら政治についてコメントしたいな」と考えて勉強し始めてる芸人もたくさんいるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る