SNS時代に動じず 明石家さんま“週2クラブ活動”の現役感

公開日:  更新日:

 皆さん、お久しぶりです。おかげさまでこの連載も、3年連続3回目。今年もまた帰ってくることができました。

 すべては連載を楽しんでくれている読者の皆さんのおかげ、そして何より六本木に集まる芸能人のおかげ。去年の連載中は、ネット上で「六本木の商売オンナは口が軽い。銀座にいるようなプロなら、こんなこと書かない」なんて批判されて、本気でヘコんでたのよ。けどね、もう切り替え完了。連載を楽しみにしてくれる読者がいるかぎり、シーズン4でも5でもやってやるわ。超絶イケメンだったマイケルがだいぶ老けちゃったのに、また新シリーズを始めようとしてる「プリズン・ブレイク」がライバルよ!

 今回連載の話をもらって、長年使ってる極秘のネタ帳を見て気付いたわ。明らかに一昨年より昨年、昨年より今年の方が、芸能人の目撃情報が減ってる。これはツイッターのせいよ、きっと。週刊誌の人間じゃなくても、誰でも撮影&投稿ができる一億総芸能記者時代。これじゃあ、みんな繁華街が怖くて出てこなくなるわよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る