二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

非常時の対応ひとつで 酒井法子と高島礼子に明暗クッキリ

公開日: 更新日:

 これほど間の悪いことはなかった――。今年デビュー30周年を迎え、9月に16年ぶりのコンサートが決定した酒井法子(45)。先週、「完全復活」と銘打った化粧品メーカーのイベントに出席。「のりピー語」も飛び出してご機嫌だったが、間が悪いとはこのこと。

 芸能マスコミは覚醒剤で逮捕された高知東生容疑者の話題で持ち切り。事前に取材規制はあったとはいえ、これほど絶好のタイミングはない。イベント終了間際に、遠回しに高知逮捕に関する質問が飛び出した。関係者が即座に質問を遮断して退場させたが、カメラとは意地悪なもの。アップで捉えた引きつった笑顔と困惑する酒井の表情がなんとも印象的だった。

 酒井が覚醒剤で逮捕されてすでに7年が経つ。本人にとってはもう触れて欲しくない悪夢なのは理解できる。世間も忘れていたところに、ASKA、清原和博と覚醒剤の逮捕者が出れば、反射的に酒井を思い出す。特に今回の高知容疑者は、夫の突然の逮捕の時点で酒井とケースが酷似していた。結果的に酒井も覚醒剤使用で逮捕されたが、高知の妻・高島礼子の検査結果はシロと判明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る