二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

非常時の対応ひとつで 酒井法子と高島礼子に明暗クッキリ

公開日:  更新日:

 これほど間の悪いことはなかった――。今年デビュー30周年を迎え、9月に16年ぶりのコンサートが決定した酒井法子(45)。先週、「完全復活」と銘打った化粧品メーカーのイベントに出席。「のりピー語」も飛び出してご機嫌だったが、間が悪いとはこのこと。

 芸能マスコミは覚醒剤で逮捕された高知東生容疑者の話題で持ち切り。事前に取材規制はあったとはいえ、これほど絶好のタイミングはない。イベント終了間際に、遠回しに高知逮捕に関する質問が飛び出した。関係者が即座に質問を遮断して退場させたが、カメラとは意地悪なもの。アップで捉えた引きつった笑顔と困惑する酒井の表情がなんとも印象的だった。

 酒井が覚醒剤で逮捕されてすでに7年が経つ。本人にとってはもう触れて欲しくない悪夢なのは理解できる。世間も忘れていたところに、ASKA、清原和博と覚醒剤の逮捕者が出れば、反射的に酒井を思い出す。特に今回の高知容疑者は、夫の突然の逮捕の時点で酒井とケースが酷似していた。結果的に酒井も覚醒剤使用で逮捕されたが、高知の妻・高島礼子の検査結果はシロと判明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る