保釈後に間髪入れず 高島礼子「高知東生と離婚」は大英断

公開日:  更新日:

 情に流されることなく早々に決断したのは大正解というべきだろう。

 1日、高知東生被告(51)との離婚を発表した女優の高島礼子(52)。高知被告はすでに拘置所から高島に対して離婚届を送っていて、7月29日に保釈された際は「(高島に)早く会いたい」と泣き言を漏らしていた。一方の高島は現在放送中のドラマ「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日系)撮影のため京都に滞在していて、高知被告の保釈については静観。これに対して、「いかにも同情を買うジゴロの手口。人のいい高島はサインできないのでは」「判を押さないことを見越しての郵送」といった声も上がっていた。

 しかし、その撮影も先月30日に全日程が終了し、高島は同日夜に帰京。高知被告とは31日に話し合いを持ち、「離婚」の決断に踏み切った。高知被告の初公判が今月31日に開かれるため、その前にはスッキリさせたかったという事情もあるようだが、離婚が成立したことで高島が弁護側の情状証人として出廷する可能性も、尿検査で陰性だった高島を検察側が証人申請する可能性も極めて低くなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る