高知の愛人ホステス五十川被告が200万円で保釈…無言貫く

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反の疑いで元俳優の高知東生被告(51)とともに起訴されたクラブホステスの五十川敦子被告(33)が2日、警視庁東京湾岸署から保釈された。収監から39日ぶりで、保釈金は200万円。

 五十川被告はメガネをかけ、ボーダーのカットソーに白のカーディガンといういでたち。正面玄関に姿を見せると、報道陣に頭を下げた。「高知被告と会うのか?」「まだ愛しているか?」といった質問が飛んだが、それには答えず、無言で迎えのクルマに乗り込んだ。

 2人は6月24日、横浜市内のラブホテルで一緒にいるところを現行犯逮捕された。捜査当局は当初、五十川被告を狙って捜査を進め、高知被告が一緒に引っかかったとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る