“山本トリオ”入閣で再注目 政治家を虜にする杉本彩の色香

公開日:  更新日:

 新安倍内閣の発足を機に永田町ではあるセクシー女優の名が囁かれているという。

 火種は、今回の組閣で初入閣を果たした山本幸三地方創生担当相(67)。くしくも改造内閣では3人の山本姓の大臣が起用された。すると一般紙や情報番組で「山本トリオ」「山本一二三」などとフューチャーされ、お役目を果たす以前から注目を浴びる存在となった。

 しかし、そこは妬みや嫉(そね)みが蠢く世界である。過去の“悪事”も蒸し返されているようで……。

「最近ではアベノミクスの生みの親などといわれ、大蔵省時代に培った経済手腕が取り沙汰されていますが、山本議員といえば、国会審議中に密会メールを送っていたことがバレちゃった件でしょう。6年前の10年1月、衆院予算委員会の最中にこそこそと携帯メールを打つ様子をマスコミに報じられた。望遠レンズで撮影した携帯画面の写真まで掲載され、私用の食事会に関する相談メールだったことが発覚。そのメールには杉本彩が同席する旨が書かれていたもんだから、“山本センセイは相変わらずお盛んだ”って冷ややかに見られていました」(永田町関係者)

 杉本といえば、元衆院議員の小林興起からキスを迫られる写真をスッパ抜かれたことも。現在、48歳の彼女が30代の時の話だが、議員など権力者をトリコにする魅力は大したもの。他にも身に覚えのある議員はいるかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る