二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

解散は宿命…SMAPと事務所はどこで決定的にこじれたのか

公開日:  更新日:

 アイドルグループに永遠はない。どんなスーパーアイドルでも「解散」は宿命。問題はどういう形で解散するかだけだ。25年間、その大半をトップの座に君臨してきた国民的なアイドル・SMAP。本来なら解散コンサートなど盛大なセレモニーで送り出されてもおかしくない存在だった。どこでこじれてしまったのか――。

 SMAPの解散は、「活動休止で存続」を主張するジャニーズ事務所幹部と木村拓哉(43)、「無理」とかたくなに拒否する香取慎吾(39)の対立軸から始まり、結局、草彅剛(42)、稲垣吾郎(42)も香取に同意。存続派だった中居正広(44)も香取らの意見に従い「解散」が決まったとされる。

 要因についてはさまざまな説が喧伝されるが、メンバー内の仲の悪さはすでに10年以上前からの話。起因にはなっても決定的な要因とは思えない。やはり、昨年1月、メリー喜多川副社長が「週刊文春」に答えたインタビューにあったと思う。SMAPの実質的な育ての親である飯島三智氏を呼び出し、「SMAPを連れて出て行きなさい」「SMAPは歌も踊りも下手」などと言い放った。一般企業に例えれば、会社の社長が長年、功績を上げていた部署の部長とその部下を公然と批判したようなものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る