• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

解散は宿命…SMAPと事務所はどこで決定的にこじれたのか

 アイドルグループに永遠はない。どんなスーパーアイドルでも「解散」は宿命。問題はどういう形で解散するかだけだ。25年間、その大半をトップの座に君臨してきた国民的なアイドル・SMAP。本来なら解散コンサートなど盛大なセレモニーで送り出されてもおかしくない存在だった。どこでこじれてしまったのか――。

 SMAPの解散は、「活動休止で存続」を主張するジャニーズ事務所幹部と木村拓哉(43)、「無理」とかたくなに拒否する香取慎吾(39)の対立軸から始まり、結局、草彅剛(42)、稲垣吾郎(42)も香取に同意。存続派だった中居正広(44)も香取らの意見に従い「解散」が決まったとされる。

 要因についてはさまざまな説が喧伝されるが、メンバー内の仲の悪さはすでに10年以上前からの話。起因にはなっても決定的な要因とは思えない。やはり、昨年1月、メリー喜多川副社長が「週刊文春」に答えたインタビューにあったと思う。SMAPの実質的な育ての親である飯島三智氏を呼び出し、「SMAPを連れて出て行きなさい」「SMAPは歌も踊りも下手」などと言い放った。一般企業に例えれば、会社の社長が長年、功績を上げていた部署の部長とその部下を公然と批判したようなものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る