• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

解散は宿命…SMAPと事務所はどこで決定的にこじれたのか

 アイドルグループに永遠はない。どんなスーパーアイドルでも「解散」は宿命。問題はどういう形で解散するかだけだ。25年間、その大半をトップの座に君臨してきた国民的なアイドル・SMAP。本来なら解散コンサートなど盛大なセレモニーで送り出されてもおかしくない存在だった。どこでこじれてしまったのか――。

 SMAPの解散は、「活動休止で存続」を主張するジャニーズ事務所幹部と木村拓哉(43)、「無理」とかたくなに拒否する香取慎吾(39)の対立軸から始まり、結局、草彅剛(42)、稲垣吾郎(42)も香取に同意。存続派だった中居正広(44)も香取らの意見に従い「解散」が決まったとされる。

 要因についてはさまざまな説が喧伝されるが、メンバー内の仲の悪さはすでに10年以上前からの話。起因にはなっても決定的な要因とは思えない。やはり、昨年1月、メリー喜多川副社長が「週刊文春」に答えたインタビューにあったと思う。SMAPの実質的な育ての親である飯島三智氏を呼び出し、「SMAPを連れて出て行きなさい」「SMAPは歌も踊りも下手」などと言い放った。一般企業に例えれば、会社の社長が長年、功績を上げていた部署の部長とその部下を公然と批判したようなものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る