裁判官から皮肉も 高知東生被告&愛人“有罪判決”傍聴ルポ

公開日: 更新日:

 反省は本物か。覚醒剤取締法違反などの罪に問われた元俳優・高知東生被告(51=本名・大崎丈二)と、その愛人で元クラブホステス・五十川敦子被告(34)の判決公判が15日、東京地裁で開かれた。室橋雅仁裁判官は両被告に懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

 20枚の傍聴券をめぐって384人が列をつくる中、本紙記者が持てる運を使い果たし、何とか1枚を射止めた。

 冒頭の撮影が終わると、黒いスーツ姿の高知被告が一礼後、傍聴席をチラッと見ながら入場。覚醒剤が抜けたのか、やたら血色はいいが、口を結んで神経質そうな表情だ。

 続いて五十川被告が現れた。軽く頭を下げ高知被告の席から1メートルほど間を空けた椅子に着席。高知被告と同じ色合いの黒っぽいスーツは、結った長い茶髪を際立たせる。カールがかかったつけまつ毛と赤いウエットな口紅はさすが元ホステスだが、覇気のないうつむいた表情は“色気”を削ぎ取ってしまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る