裁判官から皮肉も 高知東生被告&愛人“有罪判決”傍聴ルポ

公開日: 更新日:

 反省は本物か。覚醒剤取締法違反などの罪に問われた元俳優・高知東生被告(51=本名・大崎丈二)と、その愛人で元クラブホステス・五十川敦子被告(34)の判決公判が15日、東京地裁で開かれた。室橋雅仁裁判官は両被告に懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

 20枚の傍聴券をめぐって384人が列をつくる中、本紙記者が持てる運を使い果たし、何とか1枚を射止めた。

 冒頭の撮影が終わると、黒いスーツ姿の高知被告が一礼後、傍聴席をチラッと見ながら入場。覚醒剤が抜けたのか、やたら血色はいいが、口を結んで神経質そうな表情だ。

 続いて五十川被告が現れた。軽く頭を下げ高知被告の席から1メートルほど間を空けた椅子に着席。高知被告と同じ色合いの黒っぽいスーツは、結った長い茶髪を際立たせる。カールがかかったつけまつ毛と赤いウエットな口紅はさすが元ホステスだが、覇気のないうつむいた表情は“色気”を削ぎ取ってしまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る