裁判官から皮肉も 高知東生被告&愛人“有罪判決”傍聴ルポ

公開日:  更新日:

 反省は本物か。覚醒剤取締法違反などの罪に問われた元俳優・高知東生被告(51=本名・大崎丈二)と、その愛人で元クラブホステス・五十川敦子被告(34)の判決公判が15日、東京地裁で開かれた。室橋雅仁裁判官は両被告に懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

 20枚の傍聴券をめぐって384人が列をつくる中、本紙記者が持てる運を使い果たし、何とか1枚を射止めた。

 冒頭の撮影が終わると、黒いスーツ姿の高知被告が一礼後、傍聴席をチラッと見ながら入場。覚醒剤が抜けたのか、やたら血色はいいが、口を結んで神経質そうな表情だ。

 続いて五十川被告が現れた。軽く頭を下げ高知被告の席から1メートルほど間を空けた椅子に着席。高知被告と同じ色合いの黒っぽいスーツは、結った長い茶髪を際立たせる。カールがかかったつけまつ毛と赤いウエットな口紅はさすが元ホステスだが、覇気のないうつむいた表情は“色気”を削ぎ取ってしまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る