井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<62>豊洲市場と重なる 「シン・ゴジラ」を見て思ったこと

公開日: 更新日:

「まさか『シン・ゴジラ』って見てません?」と酒席で若い仲間に聞かれた。「おまえらが生まれた84年に動きのドンくさい勘の悪そうな『ゴジラ』を見に行って以来、知らんわ。ヤツは核燃料廃棄物というこっちゃ。ヤツに暴れられたらこの世は終わりって意味や。でも、映画の方こそええ加減に終わってほ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  9. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 9

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  11. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る