井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

<64>元映画監督志望の安倍首相に見せたい不朽の名作

公開日: 更新日:

 また変なヤツらが厚顔をさらしている。横浜の病院では、老人患者が消毒液の混ぜられた点滴で次々に死んだ。院長は「7月以降に亡くなったのは48人とやや多く、犯人が内部の関係者というのも否定できない」と悠長に語っていた。相模原の介護施設で惨殺事件があったばかりだ。もし、職員の仕業だとし…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  2. 2

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  3. 3

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<3>人間関係が苦痛に

  4. 4

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  5. 5

    安倍首相に忖度?石破氏パーティーに党三役ゼロの異常事態

  6. 6

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  7. 7

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  10. 10

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る