日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5歳下の彼氏は? NHK有働アナ「人を愛したい」発言の意味

「もう1回、人を愛してみたいなと素直に思ってしまいました」――3日、NHKの有働由美子アナ(47)が発したコメントが関係者の間で話題になっている。

 発言が飛び出したのは、東京五輪・パラリンピックを盛り上げるためのNHKのイベント「Tokyo2020」新プロジェクト発表会でのこと。このプロジェクトは写真家のレスリー・キー氏が「20年までに実現したい夢や目標」などのメッセージを写真で撮って全国から集めるというもので、有働アナも「20年までに実現したい夢」として冒頭のコメントを発した。

 それがどうして話題になるのか。有働には遠距離恋愛を続ける5歳年下の“恋人”がいたからだ。最初に報じられたのは2013年12月のこと。内野聖陽似といわれる彼氏との「手つなぎデート」を撮られていた。しかし、この恋愛にはネックがあって、14年の「女性セブン」では、噂の彼氏はバツイチで前妻との間に3人の娘がいること、この娘たちが複雑な心情を抱いてしまうのではないかと有働が心配していることなどを報じていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事