5歳下の彼氏は? NHK有働アナ「人を愛したい」発言の意味

公開日:  更新日:

「もう1回、人を愛してみたいなと素直に思ってしまいました」――3日、NHKの有働由美子アナ(47)が発したコメントが関係者の間で話題になっている。

 発言が飛び出したのは、東京五輪・パラリンピックを盛り上げるためのNHKのイベント「Tokyo2020」新プロジェクト発表会でのこと。このプロジェクトは写真家のレスリー・キー氏が「20年までに実現したい夢や目標」などのメッセージを写真で撮って全国から集めるというもので、有働アナも「20年までに実現したい夢」として冒頭のコメントを発した。

 それがどうして話題になるのか。有働には遠距離恋愛を続ける5歳年下の“恋人”がいたからだ。最初に報じられたのは2013年12月のこと。内野聖陽似といわれる彼氏との「手つなぎデート」を撮られていた。しかし、この恋愛にはネックがあって、14年の「女性セブン」では、噂の彼氏はバツイチで前妻との間に3人の娘がいること、この娘たちが複雑な心情を抱いてしまうのではないかと有働が心配していることなどを報じていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る