「おんな酒場放浪記」も枠拡大 “酒飲み番組”花盛りの背景

公開日: 更新日:

 今やテレビ界の「月9」といえば、フジテレビではなく、BS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」が通り相場になっているが、スピンオフの「おんな酒場放浪記」(同)も絶好調だ。これまで金曜深夜、しかも30分枠だったのが、この10月から水曜夜10時から1時間枠に“昇格”になった。

 このほかにも「夕焼け酒場」(BS-TBS)、「ふらり旅 いい酒 いい肴」(BS11)、「美しき酒呑みたち」(BSフジ)、ついには地上波でも「笑ってコラえて!」(日本テレビ系)の中に「朝までハシゴの旅」のコーナー、「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の中でも「本音でハシゴ酒」のコーナーが出来るなど、酒飲み番組が一大ジャンルに成長している。ブームの背景は何なのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「まずテレビを見る中心世代が中高年になっているということが挙げられるでしょうね。世間をある程度知っている人たちからすると、名も知らないお笑いがでてきて、ただ騒いでいるだけの番組なんて見てられない。それよりは、大人が出てきてユル~く酒を飲んでいる番組の方が自分たちのテンポに合ってるんでしょうね。さらにテレビ局側の事情もあります。端的にいえば制作費が安くて済むから。これだけ経費削減が叫ばれる中で、制作費が安くて済み、視聴者からも支持されるのなら“酒飲み番組”を作らない手はないですよ」

 世の中がいきなりバブルにでもならない限り、このブームはまだまだ続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る