「おんな酒場放浪記」も枠拡大 “酒飲み番組”花盛りの背景

公開日:  更新日:

 今やテレビ界の「月9」といえば、フジテレビではなく、BS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」が通り相場になっているが、スピンオフの「おんな酒場放浪記」(同)も絶好調だ。これまで金曜深夜、しかも30分枠だったのが、この10月から水曜夜10時から1時間枠に“昇格”になった。

 このほかにも「夕焼け酒場」(BS-TBS)、「ふらり旅 いい酒 いい肴」(BS11)、「美しき酒呑みたち」(BSフジ)、ついには地上波でも「笑ってコラえて!」(日本テレビ系)の中に「朝までハシゴの旅」のコーナー、「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の中でも「本音でハシゴ酒」のコーナーが出来るなど、酒飲み番組が一大ジャンルに成長している。ブームの背景は何なのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「まずテレビを見る中心世代が中高年になっているということが挙げられるでしょうね。世間をある程度知っている人たちからすると、名も知らないお笑いがでてきて、ただ騒いでいるだけの番組なんて見てられない。それよりは、大人が出てきてユル~く酒を飲んでいる番組の方が自分たちのテンポに合ってるんでしょうね。さらにテレビ局側の事情もあります。端的にいえば制作費が安くて済むから。これだけ経費削減が叫ばれる中で、制作費が安くて済み、視聴者からも支持されるのなら“酒飲み番組”を作らない手はないですよ」

 世の中がいきなりバブルにでもならない限り、このブームはまだまだ続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る