「おんな酒場放浪記」も枠拡大 “酒飲み番組”花盛りの背景

公開日:  更新日:

 今やテレビ界の「月9」といえば、フジテレビではなく、BS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」が通り相場になっているが、スピンオフの「おんな酒場放浪記」(同)も絶好調だ。これまで金曜深夜、しかも30分枠だったのが、この10月から水曜夜10時から1時間枠に“昇格”になった。

 このほかにも「夕焼け酒場」(BS-TBS)、「ふらり旅 いい酒 いい肴」(BS11)、「美しき酒呑みたち」(BSフジ)、ついには地上波でも「笑ってコラえて!」(日本テレビ系)の中に「朝までハシゴの旅」のコーナー、「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の中でも「本音でハシゴ酒」のコーナーが出来るなど、酒飲み番組が一大ジャンルに成長している。ブームの背景は何なのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「まずテレビを見る中心世代が中高年になっているということが挙げられるでしょうね。世間をある程度知っている人たちからすると、名も知らないお笑いがでてきて、ただ騒いでいるだけの番組なんて見てられない。それよりは、大人が出てきてユル~く酒を飲んでいる番組の方が自分たちのテンポに合ってるんでしょうね。さらにテレビ局側の事情もあります。端的にいえば制作費が安くて済むから。これだけ経費削減が叫ばれる中で、制作費が安くて済み、視聴者からも支持されるのなら“酒飲み番組”を作らない手はないですよ」

 世の中がいきなりバブルにでもならない限り、このブームはまだまだ続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る