末期がん告白 マッハバロン下塚誠さん「毎日を有意義に」

公開日:

 1974年に放送され人気を博した特撮ドラマ「スーパーロボット マッハバロン」(日本テレビ系)。深紅の巨大ロボ「マッハバロン」と世界征服をたくらむロボット帝国が壮絶な戦いを繰り広げ、海外でもリメークされるなど根強いファンは多い。主人公の嵐田陽役を演じた下塚誠さん(63)は、子供たちのヒーローだった。今どうしているのか?

■担当医から余命宣告

「のっけからですけど、実は今、肺がんのステージ4でね。先月、担当医から『来年5月までの余命』と宣告されたばかりなんです」

 都内町田市。JR横浜線古淵駅から北へ約2キロの住宅地にある「洋風居酒屋 レモンタイム」へ行くと、開店準備中の下塚さんが手を休めてこう言った。

「最初に違和感を覚えたのは喉でした。昨年9月初旬のことです。検査したところ、なんと咽頭がんとの診断で。11月に手術をしたんですが、今年に入って肺に転移していることがわかり、3月、6月と手術して切除しました。しかし、また再発して8月に4回目を。でも転移が早すぎて、ついに余命宣告を受けたってわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る