二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

三船美佳にも疑惑の目 高橋ジョージの“粘り腰”で形勢逆転

公開日:

 形勢逆転――。今年の3月に離婚が成立した高橋ジョージ(58)と三船美佳(34)。離婚裁判に発展した際は、夫の「モラハラ」を訴えていた三船に世間も同情的だった。夫のモラハラから逃げるように娘を連れて大阪に居を構えていた三船に、口うるさい大阪のオバちゃんも「年の離れた嫁にひどいことするな」と高橋を批難。在阪のテレビ局も三船を応援するように起用。明るいキャラもあって仕事の面でも“夫離れ”は順調に見えていた。

 好事魔多し。これまでは三船に対して言われていた「可哀想」の言葉が、今は逆に高橋に向けられている。ボクシングに例えれば、妻が“モラハラ”のストレートパンチ一発で夫をダウン寸前まで追い込んだ。持ち前の粘りで持ちこたえた夫はジャブで反撃。小出しのジャブがジワジワと効いてきている。

 高橋はバラエティーに出演するたびに、現在の寂しい立場を訴え続けていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る