• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

三船美佳にも疑惑の目 高橋ジョージの“粘り腰”で形勢逆転

 形勢逆転――。今年の3月に離婚が成立した高橋ジョージ(58)と三船美佳(34)。離婚裁判に発展した際は、夫の「モラハラ」を訴えていた三船に世間も同情的だった。夫のモラハラから逃げるように娘を連れて大阪に居を構えていた三船に、口うるさい大阪のオバちゃんも「年の離れた嫁にひどいことするな」と高橋を批難。在阪のテレビ局も三船を応援するように起用。明るいキャラもあって仕事の面でも“夫離れ”は順調に見えていた。

 好事魔多し。これまでは三船に対して言われていた「可哀想」の言葉が、今は逆に高橋に向けられている。ボクシングに例えれば、妻が“モラハラ”のストレートパンチ一発で夫をダウン寸前まで追い込んだ。持ち前の粘りで持ちこたえた夫はジャブで反撃。小出しのジャブがジワジワと効いてきている。

 高橋はバラエティーに出演するたびに、現在の寂しい立場を訴え続けていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る